オープンイノベーションチャレンジ

オープンイノベーションチャレンジ マーク

ADVISOR アドバイザーについて

アドバイザー一覧

写真:今野 穣
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
代表パートナー 最高執行責任者
今野 穣

経営コンサルティング会社(アーサーアンダーセン、現PwC)にて、プロジェクトマネジャーとして、中期経営計画策定・PMI(Post Merger Integration)・営業オペレーション改革などのコンサルティング業務を経て、2006年7月グロービス・キャピタル・パートナーズ入社。2012年7月同社パートナー就任。2013年1月同社パートナーおよび最高執行責任者(COO)就任。2019年1月同社代表パートナー就任。主にIT領域での投資活動に従事し、「日本×VCというアセットクラスの極大化、生態系の永続的発展のためのリーダーシップ」、「日本発の新しい『産業』、グローバル企業の創造への貢献」、「人の流れ、情報の流れ、金の流れを変えるプラットフォームの創造」をキーワードに、日本経済の発展・創造に寄与している。
東京大学法学部卒。

写真:大櫃 直人
株式会社みずほ銀行
執行役員 イノベーション企業支援部長
大櫃 直人

みずほ銀行執行役員イノベーション企業支援部長。1988年入行。営業店長や本部業務に従事する中で、M&A・MBO等法人業務を歴任。2016年より現部署、2018年執行役員就任。自ら有望ベンチャー企業を精力的に開拓し、成長企業を支援している。

写真:坂本 教晃
株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ
(UTEC)取締役 / パートナー
坂本 教晃

東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。中小企業金融円滑化関連法案や家電リサイクル法の法案作成業務や未踏ソフトウェアプロジェクトに従事。2008同省退官後、ファミリービジネスであるアパレル流通事業会社の副社長として参画し、新規事業立ち上げ及び事業整理の実施を経て、コロンビア大学にて経営学修士号(MBA)を取得。その後McKinsey&Companyにて日本・東南アジア・欧州を中心に営業・マーケティング、SCM、M&Aに関するプロジェクトに従事。2014年8月にUTEC参画。これまで株式会社自律制御システム研究所/ACSL(2018年12月東証マザーズ上場:6232)等の監査役を務めた。

写真:谷本 有香
Forbes JAPAN
副編集長
谷本 有香

証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。
その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事し、2011年以降はフリーのジャーナリストに。2016年からForbes JAPAN副編集長。
TBS「ビビット」、TOKYO MX「モーニングCROSS」他、テレビ朝日「サンデースクランブル」、フジテレビ「ユアタイム」、Abema TV「AbemaPrime」のコメンテーターをはじめ多数のテレビ番組に出演。メディアへのコラム寄稿、経済系シンポジウムのモデレーター、企業アドバイザーとしても活動。

写真:永田 暁彦
株式会社ユーグレナ 取締役副社長 /
リアルテックファンド 代表
永田 暁彦

慶応義塾大学商学部卒。独立系プライベート・エクイティファンドに入社し、プライベート・エクイティ部門とコンサルティング部門に所属。2008年にユーグレナ社の取締役に就任。
ユーグレナ社の未上場期より事業戦略、M&A、資金調達、資本提携、広報・IR、管理部門を管轄。技術を支える戦略、ファイナンス分野に精通。現在は副社長COOとしてユーグレナ社の食品から燃料、研究開発など全ての事業執行を務めるとともに、日本最大級の技術系VC「リアルテックファンド」の代表を務める。

写真:百合本 安彦
グローバル・ブレイン株式会社
代表取締役社長
百合本 安彦

富士銀行(みずほ銀行)、シティバンク・エヌ・エイ企画担当バイスプレジデントを経てグローバル・ブレイン株式会社を設立し、代表取締役社長に就任、現在に至る。
自ら起業し、ネットバブル、リーマンショックを乗り越え、日本を代表するVCに育ててきた経営者としての経験を活かし、ベンチャー企業経営者の良きアドバイサーになっている。

このサイトでは Google アナリティクスの Cookie(クッキー)を使用して、ユーザーのWebサイト閲覧データを記録しています。詳しくは個人情報保護方針を確認してください。