オープンイノベーションチャレンジ

オープンイノベーションチャレンジ マーク

THEME 募集テーマについて

テーマ一覧

防災・減災

大規模自然災害に対しての政府や地方自治体の適切かつ効果的な対応策が強く求められる中、現状においては、以下のような課題があります。

  • ほとんどの災害は正確にその発生と被害を予測することが難しい。
  • 災害発生時に迅速に全体の状況を把握し、リアルタイムで関係者への周知や対策を行うことが難しい。
  • 災害発生後の復旧作業について人力作業に頼ることが多く、早期の復旧が難しい。

そこで、自然災害等の予兆や発生後の状況をいち早く、高精度に把握するとともに、自然災害等の予測・被害予測を迅速かつ正確に行い、自然災害等の防止や災害による被害を最小限に抑える技術・サービスが求められています。また、被災地等における過酷な環境下でも、人命救助やライフラインの供給を可能とし、迅速な復旧を実現する技術・サービスが求められています。

課題

浜松市「地域における浸水状況の正確な予測と迅速な把握」PDF

平時及び発災時において、水位計の設置位置や市民からの通報の有無を問わず河川の越水位置及び市内浸水状況の正確かつ迅速な予測、状況把握及び対応を可能とすることを求める。

  • 過去蓄積した浸水データを管理・分析することで、危険個所を把握。
  • 発災可能性があるときに正確に浸水情報を予測。
  • 発災時に詳細な浸水状況をリアルタイムに把握し、応急対応を可能にする。
加賀市「降雪・積雪・除雪状況をリアルタイムに地域・自治体・観光客等に情報提供する手法」PDF

豪雪災害の危険がある際に、地域住民の移動の確保、観光客の安全の確保のために降雪・積雪・除雪のリアルタイムの情報を公開し、地域住民、自治体、観光客で幅広く確認できるようにする。

  • 降雪・積雪・除雪状況のオープンデータ化。
  • 合理的な除雪車の配置や除雪路線の分析。
  • 除雪作業の自動化、消融雪装置の自動管理。等
海上保安庁「海上に流出した有害物質を遠隔操作によって検知する手法の確立」PDF

船舶事故や大規模災害の際の海上への有害物質の流出において、作業者の安全を確保しつつ、有害物質の種類や流出範囲の特定を迅速に実施することを可能とすることを求める。

  • 海面からのサンプル(液体)採取を行い、安全に陸地まで輸送。
  • 現場海域で採取したサンプルから、特定可能な有害物質について、データを転送。
  • GPS及び自立航行機能を有し、10㎞程度離れた海域でサンプル採取し帰還。
京都府「空撮技術等を活用した進入困難箇所の被災状況の効率的な調査・評価」PDF

災害発生から復旧にいたるまでの工程のうち、災害調査、災害査定資料作成、災害査定といった上流工程に要する作業の効率化、省力化を求めるもの。

  • ドローンによる空撮で、アプローチが困難な被災箇所の空撮画像から3次元化データを作成。
  • 当該3次元化データから測量・災害査定を実施、査定資料作成の一部を自動化。
  • 通信・電力・ガス・鉄道など企業データと連携、短い解析時間、測量精度の確保などが必要。
大阪市「火災調査業務(実況見分)支援端末」PDF

ベテラン職員の大量退職の中、火災の原因及び損害の調査において、経験に頼らない効率的な実況見分の実施をサポートすることが必要。災害時のり災証明書の早期発給や迅速な被災者支援のため、実務経験の多寡を問わず、迅速・正確な火災調査業務の実施を可能とすることを求める。

  • 火災現場での実況見分時にタブレット端末で、調査書類の作成可能に。
  • ベテラン職員の手順と同様に写真撮影・様式へのテキスト入力(音声認識)、写真添付等を可能に。
  • データ通信で消防機関、消防本部と情報共有。
国土交通省「災害に対応した排水ポンプ技術(低水位排水)」PDF

内水氾濫等による浸水の早期解消のため、水深約1m未満となった際の排水作業の継続可能性の向上による浸水の早期解消。
(現状の水中ポンプでは水深1m未満での作業ができない。)

  • 排水作業時の吸い込み深さを低下(限りなく0mに)。
  • 吸い込み渦や土砂等の水中飛散を抑制。
  • 現行の排水ポンプ車の水中ポンプに取り付け可能。
国土交通省「災害に対応した油膜回収技術」PDF

河川等における油流出事故の際に、オイルフェンスや油吸着マットに替わる効率的な油膜回収技術が求められている。(現状は大量の油吸着マットが必要で、作業時間も多大。)

  • 水面に浮いた油膜を迅速・効率的・簡便に回収。(油膜のみを狙って回収)
  • 既存の側溝清掃車に搭載する吸引ノズルに取り付け可能。
国土交通省「歩道清掃ロボット(浸水被害後における効率的・省力的な歩道等路面清掃)」PDF

浸水被害後の歩道等路面について、早期の現状復旧を実現するため、歩道等路面の清掃作業の効率化・省力化を求める。(車道は路面清掃車による機械清掃を行っているが、歩道部は人力。)

  • 歩行者等の通行の安全性を確保しつつ、効率的に清掃作業を実施。
  • 運搬・設置が容易で、掃除・集積を自動で行う。
  • できれば、平時は落葉除去が可能。
海上保安庁「投石から窓ガラスを保護する後付施工可能な手法の確立(飛来物からの窓ガラスの確実な保護)」PDF

違法操業漁船に対する規制行動中、投石される場合があるため、過酷な風雨にさらされることもある環境下においても飛来物からの窓ガラスの確実な保護を可能とすることを求める。

  • 後付け施工ができ、施工前と同等の視認性を維持。
  • こぶし大の投石、飛来物で窓にヒビや割れを生じさせない、又は小さく抑える。
  • 過酷な海洋環境下でもはがれや腐食等が発生せず、最低5年程度は使用可能。
インフラメンテナンス

1960~70年代の高度成長期に集中的に整備されてきた多くの道路や橋、上下水道、建築物(公共施設)などが今後急速に老朽化することが懸念されていますが、現状においては以下のような課題があります。

  • 施設の数が多く、点検・修理、維持・管理にコストがかかる。
  • 人員の不足、ベテラン職員の退職等で適切な点検・修理、維持・管理が困難になっている。

そこで、公共インフラの健全性を監視・確認し、効率的に維持・整備することで長寿命化に資する技術やサービスが求められています。

課題

消防庁「危険物施設におけるタンク及び配管等の腐食等劣化に対する評価・診断手法」PDF

目視等による腐食等劣化の評価が困難な地下に設置されているタンク、埋設配管等に対する評価・診断を容易にすることを求める。

  • 地下タンク・埋設配管・地上の保温配管の腐食・劣化に対する評価・診断。
  • 早期の実用化
福岡市「下水道工事における地下埋設物破損の防止対策」PDF

下水道工事時の試掘調査について、埋設物破損事案の未然防止を可能とし、かつ試掘調査に要する時間・人的コストの削減を可能とすることを求める。

  • 埋設物に係る管理図面の詳細度や掘削箇所の状況を問わず、埋設物の破損を防止。(センサー等)
  • 試掘調査に要する時間・人的コストを削減。
福岡市「水路蓋の劣化状況の把握」PDF

歩行者の安全確保や利便性向上を目的として道路上の水路に設置される水路蓋に対する点検の効率化・簡便化・高頻度化を可能とすることを求める。(現状は人力のパトロール)

  • 表面からでもコンクリート製水路蓋の裏面の速やかな点検を可能に。
  • 側溝内部からの簡易かつ高精度な点検の実施。
  • 点検の時間の短縮、高頻度の実施を可能に。
福岡市「橋梁の劣化状況の確認(橋梁劣化状況の効率的な点検の実現)」PDF

橋梁点検に関して、従来の近接目視点検に比べて時間・人的コストの削減及び点検の精緻化を可能とすること等を求める。

  • 点検の精緻化、短時間化、低費用化。
  • 可能な限り交通規制を行わない。(要する場合も周辺交通への影響が小さい)
  • 既存のカタログ等にない新たな技術。
国土交通省「トンネルのジェットファンに代わるメンテナンスフリーの換気設備」PDF

トンネル換気設備について、所要換気量を確保しつつ、道路交通に支障を与えない経済的な点検を可能とすることを求める。
(現状は点検頻度も高く費用がかかり、交通規制も必要。)

  • 所要換気量を確実に確保。
  • 建設費、維持費を勘案してジェットファンよりも経済的に。
  • 道路交通に支障を与えずメンテナンス可能。(5年間のメンテフリー又は交通規制が不要)
暮らしの環境

健康的で文化的な暮らしの質の維持・向上や、住民の地域への愛着の獲得、地域の個性の創出のために、地域の景観・美観をはじめとした暮らしの環境を保全することも行政の大事な仕事です。しかし、こうした暮らしの環境の保全に係る実務(清掃や草木の管理、空き家対策等)はマンパワーに頼るところが大きく、昨今の財源縮小の傾向や、今後若年人口の減少の見込みも踏まえると、早急な効率化が求められています。
そこで、地域の暮らしの環境の保全や向上に関する業務を効率化するような技術・サービスが求められています。

課題

国土交通省「歩道清掃ロボット(落葉等の除去等)」PDF

歩道清掃は街路樹からの落葉等に限定して実施しているが、ほとんどが人力による作業であり、作業の効率性の向上を求める。

  • 歩行者等の通行の安全性を確保しつつ、効率的に清掃作業を実施。
  • 運搬・設置が容易で、掃除・集積を自動で行う。
  • できれば、浸水被害後の清掃も可能。
浜松市「中心市街地におけるムクドリ被害対策」PDF

ムクドリの大群の飛来に伴い、騒音・糞による被害が問題になっており、中心市街地でのムクドリ被害を根本的かつ持続的に解決する人海戦術以外の対策方法を求める。

  • ムクドリの中心市街地への侵入を阻止。(影響の少ない目標エリアに誘導)
  • 安価なランニングコストで持続的な効果が得られる。
  • 周辺店舗や歩行者に理解が得られる。
つくば市「良好な生活環境の保全と地域活性化を図るため、空き家を把握し活用する手法」PDF

市による空き家の実態調査の効率化・省力化及び市民等から相談・情報提供があった空き家等に係る情報の整理と更新の効率化を求める。

  • 空き家等の所有者の個人情報に配慮しつつ空き家等の推定が行える。(つくば市と情報連携)
  • 空き家等の活用・修繕、利用希望者とのマッチングが行える。
行政業務効率化

近年は行政サービスに対するニーズの複雑化・多様化が進んでいます。その反面、政府や地方自治体は厳しい財政状況のもと職員数の増加が見込めない状況です。業務のスピード感を高めつつ、行政サービスの品質の維持・向上を図り、持続可能な形で良質な行政サービスを提供する業務効率化が必要となっています。
そこで、こうした課題を解決するような、行政業務効率化の技術・新サービスが求められています。

課題

福岡市「衛生監視における施設立入調査の効率化(巡回ルートの効率化)」PDF

各種法令に基づく衛生基準遵守状況等を確認するための飲食店や理・美容所等の施設の立入検査に係る計画策定及び立入検査の効率化・コスト削減を求める。

  • 指定する施設間を効率的に移動する巡回ルートを自動作成。
  • 徒歩、自転車、公用車、公共交通機関といった複数の移動手段の最適化。
  • 外出時も使用可能。システム内で立入りの監視結果や指導状況の記録等が可能。(タブレット等)
名古屋市「住民等から寄せられた声を効率的に分析して改善提案をする手法」PDF

名古屋市コールセンターに年間約65,000件寄せられる住民からの声を効率的に分析し、名古屋市の施策・業務の改善のための具体的なポイントの発見及び改善策考案の効率化を求める。

  • 既存の分析ツールを超えて、その先の改善ポイントの提案ができること。
  • 一般的な端末で、専門知識のない者でも利用可能なこと。
つくば市「高齢者が緊急時SOSを出せる手法」PDF

脳梗塞や心疾患での受療率(医療機関にかかる者の割合)が増加している中、こうした状況になった高齢者の迅速な救急搬送等を可能にすることを求める。(巡回等の業務軽減)

  • 高齢者が一人で遠隔地のサービス提供者に緊急事態を伝えられること。(24時間対応)
  • サービス提供者は状況に応じて関係機関に緊急通報できる。
経済産業省「VRオンライン会議の導入について」PDF

業務効率化のため円滑なコミュニケーションが可能となるオンライン会議の実現を求める。

  • 政府系組織のセキュリティ基準をみたすこと。
  • 回線速度の遅さやシステムの違いにも対応。

このサイトでは Google アナリティクスの Cookie(クッキー)を使用して、ユーザーのWebサイト閲覧データを記録しています。詳しくは個人情報保護方針を確認してください。